3月14日、6年生は明日に卒業式を控え「卒業感謝 祈りの式」に出席し、5年生と共に祈りのひとときを持ちました。

コロナ禍以前は、本校の卒業式は第一部の「卒業証書授与式」、第二部の「卒業感謝 祈りの式」に5年生が在校生代表として出席していました。今年度の卒業式も感染予防の観点から5年生が出席しないことになり、また卒業式当日も長時間集うことを避けるため「卒業証書授与式」のみを行うこととなりました。

そこで、卒業式前日の今日、5年生は教室からオンライン参加することで、5,6年生が「卒業感謝 祈りの式」を行いました。

司式してくださったのは、ヴィアトール修道会のウィリアム神父様です。卒業生代表が聖書を朗読し、司教様のお話を聞きました。

 

 

 

共同祈願を行いました。在校生児童代表、卒業生児童代表、教員代表、学校長の祈りにあわせ、皆で祈りました。

 

 

 

聖歌はマスクをしたまま小さい声で歌いました。

 

最後はシスターのお話を聞き、共に祈りました。

 

同じ場所に集うことはかないませんでしたが、3年ぶりに「卒業感謝 祈りの式」を行い、5年生が6年生の卒業を祝うことができました。