ページの先頭です 本文へスキップ
ここからグローバルメニューです
グローバルメニューはここまでです 先頭へもどる ここからページ内容です
  1. ホーム
  2. ディスカバリー修学旅行
  3. ディスカバリー五島列島・長崎コース 3日目

ディスカバリー修学旅行

ディスカバリー五島列島・長崎コース 3日目

登録日:2019年7月 5日/更新日:2019年7月 6日

7月5日、ディスカバリー五島列島・長崎コースは最終日の3日目を迎えました。

全員元気に朝を迎えました。朝食をいただき、お世話になった宿の方へあいさつをして出発しました。

2019070507020000 2019070508150000

市電に乗って長崎駅へ向かいました。

2019070508330000

日本二十六聖人殉教地を訪ねます。京都から長崎へ向かった二十六聖人に思いをはせ、皆で祈りました。
二十六聖人記念館でキリスト教伝来、迫害の歴史を学びました。

2019070508480001 2019070508530000

原爆資料館、平和公園を訪れました。原爆資料館で長崎の原爆について学びました。5年生の時に広島で学んだことをさらに深めます。

2019070510220000 2019070510280000

爆心地、平和祈念像をめぐりました。平和祈念像のポーズには意味があり、上に指した右手は原爆の脅威、左手は平和を示し、軽く閉じたまぶたは戦争犠牲者の冥福を祈っているのだそうです。 

2019070511070000 2019070511250001

昼食は、長崎名物ちゃんぽんをいただきました。

2019070511390000 2019070511380000

午後は、自身も被爆し、病気を患いながらも医師として治療にあたったり執筆活動を行ったりしていた、永井隆博士の家「如己堂」を訪れました。カトリック信者でもあった永井博士の生涯について学びました。

2019070512370000

浦上天主堂では、原爆当時の被害について学びました。浦上の信者と神父様との出会いの話など中濱神父様がお話してくださいました。
実は、長崎出身でこの近くの長崎南山高校卒業生の先生の取り計らいで、特別に被爆のマリアさまの聖堂に入れていただき、そこでお話をうかがい、お祈りをすることができました。

2019070512540000 2019070512560000

2019070513360000

先生は子ども達に浦上天主堂を案内するために、この日の朝、二十六聖人殉教地からサプライズ参加してくださり、ここまで一緒にまわってくださったのです。レプリカではない本物の被爆のマリアさまと対面し、子ども達は平和への思いを新たにしました。貴重な機会をくださった先生、ありがとうございました。

65822590_894015264274981_5984198935906877440_n
(被爆マリア小聖堂にて 特別に許可を得て撮影しました)

最後は長崎名物のカステラ作りです。ご指導のもと、卵を割るところから、空気を抜きながら混ぜるところまで体験しました。

2019070514430000 2019070514480000

2019070515010000 2019070515050000

2019070515150000 2019070515470000

子ども達のカステラは焼いて、後日送ってくださいます。

すべての学習を終えて、長崎空港へ向かいます。お世話になったバスの方々にあいさつをしてお別れしました。

 

長崎の歴史、キリスト教、平和――天候による変更はありましたが、多くのことを学んだ3日間でした。

登録日:2019年7月 5日/更新日:2019年7月 6日

ここからサブメニューです

在校生・保護者専用ページ

学校長ブログ

校長ブログ 9月6日(金) 天国のマザーテレサに思いを寄せて

 昨日は、9月5日でした。この日はマザーテレサがお亡くなりに

更新日:2019年09月06日(金)

続きを読む

過去の活動

サブメニューはここまでです

ページの上部へ

ここからページの本文です ここまでが本文です 先頭へもどる ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる